ピアネットAliceの掲示板

223732

高槻会はこんな感じ(^_-)-☆ - ひらめっち(大阪)Mail URL

2017/08/28 (Mon) 14:48:19

8/26(土)、高槻会を開きました。

今回、10名の参加で、初めてのかたもお一人参加して下さいました。
起立性調節障害も卒業とういう保護者の方も参加して下さいました。
最近は寝屋川市からも参加して下さっています。
この時期は進級や進学について悩みますね。

中学3年生では進学について、高校生では進級について、学校から話しが来るのがわかるから・・・。
進学について、病院ではこう言われているけど、どうなんだろう?
通信単位制っていってもいろいろな特色があってどうなんだろう?

また、病院の受診までがまだまだ先・・・。
でも、学校は待ったなしで夏休みは終わるし、進路は考えなきゃいけないし・・・。

そんな時、親の会では、いろんな道を進んだ保護者の方がいらっしゃるので、沢山のお話しが聞けますね。
他にも、様々な情報が飛び交っていて書ききれないです・・・。
先輩ママさんから、「足し算で考えるんだよ。出来ない事を数えるんじゃなくて、できる事を見つける。」という温かい言葉も。
先輩ママさんたちの体験が他のご家庭の参考になればいいなと感じました。
帰りに笑顔になったママさんを見るととても嬉しいです(^^♪

会の後、エレベーター前でこんな話しもしてました。
祖父母には言ってる?
・・・。
私は自分の失敗談を思い出しました。皆さんマネしないでくださいね!!
元気ハツラツな娘が小学生で発症し、娘の事を可愛がってくれていた祖父母には言えずにいました。
私が子どもの頃は、両親は病気が大嫌いで「しんどい」の言葉が大嫌いな人たちでした。
だから、絶対理解なんてしてもらえない。と信じ込んでいました。

娘が中学3年生になりました。
祖父母には娘が元気な時だけ合わせていました。
会うたびに、祖父母から受験の話しが出てきては、適当にはぐらかしていました。
ついに娘から、「祖父母に病気の事言って。会うのがしんどい。」と言われました。
完全に、両親と娘の板挟みに・・・!

あの病気嫌いの頑固両親をどうやって納得させるのか!?

私の一大決心!
「起立性調節障害がよくわかる本」監修:田中英高 講談社出版
を祖父母に渡し「娘はこの病気だから、今後受験の事を話題にしたら、一切合わさない!!」
と啖呵を切ってしまいました。
・・・なんて残酷な事を言ったのでしょう・・・皆さまマネしないでくださいね!!

結果は、なんと父親が「職場で聞いた事あるよ。学校に通えなくなるんでしょ?」って・・・。
あっけにとられました。
娘が発症してから数年間必死に隠してた私は何だったのでしょう?
本は読んでもらいました。

身近な人に言う言わないは人それぞれ。
理解度も人それぞれ。
他の方はどうされてますか?

高槻会へ参加した感想も書いていただけると嬉しいです(^^♪

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.